益荒男 純米大吟醸 四割五分磨き生囲い


最新美味しいブログ通販ランキング
人気の美味しい酒blog通販ランキングへ
「益荒男 純米大吟醸 四割五分磨き生囲い」は、酒造好適米「山田錦」を45%まで磨き上げて醸される純米大吟醸です。手搾りの段階で一番良質な部分だけを斗瓶に汲み取り、氷温貯蔵でじっくり熟成させた後、火入れせずそのまま瓶詰めしました。最良なお酒だけを贅沢に詰め込んだ、600本限定の逸品です。

芳醇な旨み、切れの良いやや辛口な味わいは料理を選ばずにおすすめ出来る純米大吟醸に仕上がりました。能登四天王の一人、農口尚彦杜氏の自信作です。

香り重視の現代風の大吟醸と異なる力強さのある旨味が特徴の、風味とキレを重視した飲み応えのある一本です。深みと旨味を極めた厚みある飲み口と、飲んで味わった人だけが知ることができる、贅沢な満足感を是非お楽しみください。


益荒男 純米大吟醸 1800ml


価格 5,000円 (税込5,250円) 送料別

- 能登杜氏「農口尚彦」杜氏とは -

日本屈指の名杜氏と呼ばれる「農口尚彦」氏は、昭和24年静岡県、三重県の酒蔵を振り出しに、親子三代にわたる杜氏一家として昭和38年に銘酒を醸す蔵として名高い「菊姫」の蔵元に杜氏として就任しました。

その後、「菊姫」で36年間勤務し平成10年春、満65歳の定年を迎えるまで、酒造り56年の熟達者として輝かしい実績を残したのです。「菊姫」を日本を代表する銘酒に育て上げたことはもちろんのこと、中でも全国清酒鑑評会において、連続12回、通算24回の金賞受賞に輝き、古今類例を見ない栄誉を受け、他の追随を許さない酒造りの名人として広く知られることとなったのです。

「菊姫」での定年退職後、農口尚彦氏の人柄をよく知る石川県の南加賀に位置する「常きげん」蔵元、鹿野酒造合資会社、代表鹿野頼宣氏は、「年齢に定年はあっても技術に定年はないはず」と農口杜氏の第一線引退を惜しみ、固辞する氏に説得を続け、復帰することを約して平成10年秋より鹿野酒造合資会社に着任しました。

特に、農口杜氏の得意技である山廃仕込みは、青年期に老丹波杜氏より伝授された技術で、無形文化財に値する秘伝です。今後、日本酒文化の伝承と後継者育成も含めて、農口杜氏の技術は、21世紀に引継ぎ、未来永劫にわたり伝えるべき日本の酒文化であると期待されています。
楽天市場で美味しい物を探す。楽天市場で美味しいお酒を探す。
タグ:日本酒

 美味しい通販ブログ」のTOP | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しい通販>日本酒市場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33718388

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。